ずぼらママと怪獣ちゃん

子育て、時々、WEBライター。わんぱくすぎる娘に振り回される毎日です

MENU

妊娠悪阻で入院しました②

f:id:su_pip:20200605234100j:image

前回のあらすじ

あまりの辛さに産婦人科へ泣きつき、
吐き気どめをもらってきました。

その効果やいかに!?

 

<前回の記事はこちら> 

www.supip.com

 

妊婦が飲める吐き気どめ薬をもらったその後

 

f:id:su_pip:20200605234054j:image

薬を飲んだからと言って
100%克服というわけではなく、
朝からひっきりなしに吐いてたのが、
胃に1〜2時間滞在してくれるようになった程度。 

相変わらず勤務中は
コンビニトイレと職場を往復し、
ゼリーやアイスに生かされてました(´-ω-`)


f:id:su_pip:20200605234107j:image

大好きだったお肉・揚げ物が大嫌いになり、
気分転換にと美味しいパスタを食べても
帰り道でリバース。。

 

風邪ではないのに熱が39度くらいまで
上がったこともあり、
心もどんどん弱くなってきちゃって
この頃はよく泣いてました(ToT)

 

そして、ついに「あの日」がやってきます。


f:id:su_pip:20200605234050j:image

吐くって結構体力を使うので、
リバースした後にしばらく動けないことは
これまでにもあったんですが、
この日は明らかに足に力が入らない。

というか、
足が震える・・・((( ゚д゚ ;)))

 

幸いにも自宅での出来事だったから
なんとかトイレから這いずり出たけど、
どれだけ待ってもやっぱり立てねぇ。。

 

ここでようやく「あ、やばいかも」
思いはじめました(遅
f:id:su_pip:20200605234103j:image

前に「つわりがしんどい」と母に伝えた時、
「点滴をすると楽になる」という
情報をもらっていたので、
せめて点滴だけでも…と
出産でもお世話になる病院へ行くことを決意。

 

ただ、当時、旦那は繁忙期真っ只中。

病院へ送ってもらうことができず、
同じく重いつわり経験者の母に泣きついて、
病院へ同行してもらいました。

 

-続きます-